サイトの常時SSL対応(https化)

このところ、社長に「https化対応しといて!」と言われる案件が増えました。

「はいは~い、出来ました!」と返したら、「出来てないよ!」と突っ返され、、
よく見ると、サイトのURLが「 https:// 」から始まってはいるけれど、「保護された通信」になっていない。

色々と調べて、しっかりSSL化出来るようになったので、皆さんも参考にしてください!

SSLの設定をする

エクセレントで使用しているエックスサーバーをでは比較的簡単に独自SSLの設定をすることが出来ます。サーバーによってSSLの設定方法は異なりますが、それについてはまた別の記事で書きたいと思います。

レンタルサーバーを利用している場合は、そのサーバーのマニュアルに沿って独自SSLを設定してください。

サイト内のURLをすべてhttpsに変更する

SSL設定をしただけでは、「保護された通信」になりません。ページ内にhttpから始まるURLが残っているからです。
エックスサーバーを利用している場合は、投稿ページ等のページ内のURLを自動でhttpsに変更してくれるので便利です。

自動で変換されていない場合は、全ページ自分で置換しなければなりません。

ページを一括で編集する

wordpress インポート

まず、wordpress管理画面の ツール>エクスポート からすべてのデータをエクスポートします。

エクスポートしたデータをExcelで開いて、「 http:// 」を「 https:// 」に一括で置換します。

置換したデータを ツール>インポート からWordPressインポーターでインポートします。

サイトがSSL化出来ているかを確認する

この画像のように、鍵マークが付いて「保護された通信」と出ていれば、SSL化は完了です。

これが出ていない場合は、ページ内にhttpから始まるURLが残っています。
ページ内のURLが全てhttpsから始まるURLになっていないと、SSL化が出来ていない状態になるので、すべて確認してhttpから始まるURLが残っている場合は修正しましょう。

httpのURLがどこにあるかを調べる

全部変更したはずなのに、、
どこに残っているか分からない、ということがあると思います。
その場合は、ブラウザの開発ツールを使いましょう。

Developer Tool

開発ツールを開いて「Console」タブをクリックすると、エラー項目が表示されます。
httpになっているURLが表示されるので、修正しましょう。

ページを一括で編集しても、テーマを使用している場合は「テーマオプション」で登録している画像などが変更されないままになっています。

漏れがないようにしっかり確認すれば、完璧なSSL化の完了です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。