Webサイト全体をHTTPS(暗号化通信)にする「常時SSL」について

常時SSL化について質問します

HTTPS化ついて良く聞かれます

ホームページを運営されている方には周知の事実になり、ホームページを作成する際に当たり前のように質問される事があります。

「HTTPS化ってしたほうが良いですかね?」

そのたびに「もちろんしたほうが良いですが、タイミング的にどうでしょうかねーーー」という形で返事をさせて頂きます。

その理由は、HTTPS化(=常時SSL化)は対応したほうが良いというのは確実なのですが、メリットもあるけども、デメリットもありますので、それをしっかり確認して説明をしないといけないので、簡単に回答が出来なかったのですが・・・

最近、常時SSL化のデメリットと私が考えていた事が、少しずつデメリットというほどでは無くなって来たので、そろそろ常時SSL化の対応について、「積極的に対応して行くタイミングですよ」と常時SSL化について質問を頂いたら回答をしようかなと思い始めました。

SSL化のデメリットと考えていたこと

常時SSL化の費用について質問します

導入コストがかかる

まずは、SSL証明書を購入する費用が必要です。

その費用はWEBサイトの種類や用途によって、無料のものから年間10万円程度のものまで幅広くあります。
1サイトにつき1つの証明書が必要なため、複数サイトを運営している場合には、サイトの数だけ必要になります。

最近のサーバーの契約では、無料でSSL証明書を提供してくれたり、有料のケースでも月額500円とか1,000円とか嬉しい価格で提供してくれるようになりましたので、
今後のホームページ運営に欠かせないものと考えると、手を出しても良い金額となって来ました。

そして、その購入したSSL証明書をサーバーに設定する作業があります。

ほとんどのサーバーでは、利用者が簡単に設定できる仕様になっていますが、サーバーによっては購入したSSL証明書を有効にする設定が、自分で出来ない仕様になっているケースもあります。

また、自分で設定が出来る仕様になっていても、管理画面での操作に自信がないケースは、業者にお願いしなければなりませんのでSSL設定代行費用が必要になるケースもございます。

しかし、その設定費用も無料から5,000円ぐらいで対応してくれる時代になって来ましたので、このデメリットと考えていた導入コストについては、ホームページを運営する上では必要なコストとして考えるべきタイミングになりました。

通信速度が遅くなる

SSL化とは「Webサーバとブラウザ間の通信を暗号化してセキュリティを高めた規格」です。
つまり、第三者からの盗聴やなりすましを防止することが目的でありますので、単純に今までの通信に加えて、暗号化するという作業が必要ですので単純に通信速度が遅くなる・・・・・・・。

とっ!すっかり私は思い込んでいましたが、実のところは全くの逆で、常時SSL化する事により通信速度は速くなるようです。

もちろん、ブラウザや環境によっては、httpの方が通信速度が速いことはあるとは思いますが、詳しい仕組みは私にはなんとなくしか理解は出来ないのですが、、、、、
私の予想を裏切って常時SSL化する事により通信速度は速くなるようですので、この件に関してもデメリットという事ではなくなりました。

転送設定やパスの修正などの改修作業

パスの変更作業

当社が使用を推奨しているサーバーでは、管理画面で簡単に常時SSL化に移行出来る仕様になっていますので、当社でホームページを作成されたお客様には常時SSL化の対応がスムーズに行えます。

また、当社がホームページを制作する際に推奨しているワードプレスでは、便利なプラグインを使う事で、ある程度は一括でパスの修正などの改修作業を行う事が可能になっています。

1ページ、1ページ対応しないといけないケースでは、作業費用がかさみますが、このような一括である程度編集が出来るケースであれば、費用的には一昔前に比べると大幅に削減出来ますので、常時SSL化の導入の壁になるような項目では無くなり始めました。

サーバーに問題があるケースがあります

しかし、サーバーによっては、常時SSL化に対応しづらい場合があります。
特定のディレクトリ以下にファイルを置かないとHTTPSにならないケースや.htaccessが使えないなどサーバ側の知識がないと対応出来ないケースがございます。

ボタン一つ押したら、変わってくれよ―――。
で・・・・・・。
このサーバーではどこを触ればいいのかな??
説明書はどこかな・・。

などなど・・・・。ちよっと面倒な感じになります。

htmlソースなどのパスの改修作業

一括で編集が出来ない場合は、サイト内のhttpになっているところを全てhttpsにコツコツと書き換えなければなりません。

・リンク先の指定
・スタイルシート(CSS)やファビコンの参照先
・画像の参照先
・Javascriptの外部ファイルの参照先

がそれになります。

また、サイトマップXMLやAtomフィード、canonicalなど漏れがないようにコツコツと書き換えなければなりません。

他の業者に作ってもらったホームページの常時SSL化

ホームページひとつ出来てしまうのか??というぐらいの編集料金になる可能性もございます。

それは、まずは他社のルールに沿って制作したものをそのルールを解読しつつの作業になりますので、
このようなケースは結構な時間が必要になるケースがございます。

そのようなケースは、常時SSL化を目的として「現状維持」のホームページを目指すのではなく、現在の弱点を洗い出して、改善出来る箇所は改善をし、もっとWEB集客が出来るような仕組みを試せるホームページを制作されるのが
よろしいかと思います。

まとめ

今がスタートです

まずは、現在ご利用のサーバーの常時SSL化に対応しているのかどうかを確認する事。

そして、SSL対応を依頼しようとしている担当者や、制作会社にホームページの状態を確認してもらう事。

最後に必ず、専門家に意見をもらう事。これが大事です。

そこからのスタートをお勧めします。
もちろん、当社でもご相談に応じますので、お気軽にお問合せ下さい。

関連記事

コメント

  1. buy instagram followers

      Hi Dear, are you actually visiting this site on a regular basis,
      if so then you will definitely take good knowledge.

      P.S. If you have a minute, would love your feedback on my new website
      re-design. You can find it by searching for «royal cbd» — no sweat
      if you can’t.

      Keep up the good work!

      Take a look at my web page: buy instagram followers

    • casino utan svensk licens

        This post is priceless. Where can I find out more?

        Feel free to surf to my webpage … casino utan svensk licens