ホームページで集客出来るようになる基本的な運営の仕方とは?

「自社ホームページを作ったはいいけどアクセス数が伸びない・・」
「アクセス数のわりにコンバージョン率がイマイチ・・」。
そんな悩みを持っている会社は少なくないと思います。

世の中には星の数ほどサイトがありますが、その中でより集客できるサイト、より魅力的なサイトを作り上げるのは簡単なことではありません。

そこで、ホームページで集客するための基本的な運営の仕方について解説していきたいと思います。

目次

1.ホームページは運営も視野に入れるべき
2.ホームページの理想的な運営の仕方
3.まとめ

1.ホームページは運営も視野に入れるべき

自社のサービスや商品を効率的に世間にPRする手段はたくさんあります。従来の方法では、テレビやチラシや新聞などがその代表的な方法でした。
しかし、今のネット社会においてはホームページが主要な役割を果たすようになっています。

若い人を中心として、今や多くの人が情報収集手段としてスマホやタブレット、パソコンを使うようになっています。それらの電子端末からインターネットにアクセスして、興味や関心のあるワードを検索して情報収集します。そのため、会社が自社のホームページを開設してそこで情報発信することで、多くの潜在・既存顧客に自社の宣伝をすることができます。

現代においては、小規模事業者にとっても大企業にとっても、自社ホームページを制作することは販促に欠かせません。とはいえ、本当に会社がネット上で効果的なPRを行って利益につなげるには、単純にホームページを作れば良いわけではありません。

ホームページを作るだけでは売上は期待できない


小料理屋を開店してもそれだけでは客足は伸びません。
客側からすれば新しいお店に入るのは意外と勇気がいるものですし、そもそも目立たない場所にある店では気づくことすらありません。
やはり積極的な客の呼び込みをする必要がありますし、そのお店の「色」を出してPRしなければいけません。

同じように会社のホームページを立ち上げたところで、そこに訪問してもらわなければ意味はありません。
また、せっかく作ったホームページが他の同業他社と比べて、見劣りすようなデザインなら魅力的なサイトにはなりませんし、いつも同じような内容だと飽きられてしまうでしょう。

そのためホームページをただ作るだけでなく、運営の仕方をしっかり学ばなければなりません。

新築の家もしっかりメンテナンスしなければすぐに傷んでしまうように、サイト作成後はこまめに「メンテナンス」する必要があります。
また、必要に応じて見栄えをよくするための工夫も欠かせません。

会社のホームページは、制作から運用までをまとめて意識して初めて価値あるものになります。

2.ホームページの理想的な運営の仕方

では具体的に、ホームページの運営にはどのような要素が関係してくるでしょうか?
たくさんの要素がありますが、視野に入れるべき代表的な要素には以下のようなものがあります。

更新が重要

まず大事なのは、定期的な更新作業です。
さきほどの小料理屋の例えで考えてみましょう。いつも同じ料理だけ出している小料理屋と、季節限定メニューや新メニューを時々出している小料理屋とでは、どちらが「通いたい」と思わせる店になるでしょうか?

答えはもちろん後者です。やはり新鮮さを感じられるお店の方がワクワクしますよね。

同じように、会社のホームページも定期的な更新を意識することで、集客効果やコンバージョン率をあげる効果が期待できます。
「いつも同じ構成で扱っている商品でいつも同じ」というのでは新鮮味に欠けます。定期的に限定商品がサイト内に現れたり、デザインが一新されたりすると、サイト訪問者は「今度はどんな新しい取り組みをしているだろう」と期待を寄せるようになります。

また更新頻度が少なすぎると、「自社サービスや商品に真剣に向き合っていない」とか「もしかしたらもうすぐ潰れるのかも」と会社のイメージを損なう結果になりかねません。実際ポータルサイトのGooが行った調査によると、「企業のサイトで困る事」というアンケートで1位になったのは「情報が数か月更新されていないこと」でした。

更新はSEO的観点からも重要です。検索エンジンは更新が不定期で、古い情報ばかりのサイトに低評価を下す傾向があります。そうなれば検索結果で上位表示されることはなくなります。

同業他社をチェックして対策が必要

競合している同業他社のサイトをチェックすることも大切です。同業者で人気が高いサイトがあるなら、そのサイトを分析して、どんな要素が人気を押し上げているのかを把握します。

例えば、どのようなルートからそのサイトに人がやってきているのか、サイトでの平均滞在時間はどれくらいか、ユーザーの性別や年齢はどうかなどの情報があると情報解析に役立ちます。

競合他社のサイトに流入する経路が分かれば、どこに広告展開すれば良いのかが分かりますし、ユーザーの属性が分かれば、特定の年齢や性別をターゲットにしたキャンペーンを企画するなどのアプローチがとれます。競合他社という、いわば「敵を知る」ことで自社のサイトをどう運営していくべきかも見えてくるでしょう。

アクセス数が伸びない記事のリライトも重要


多くの記事コンテンツを掲載しているサイトに特に言えることですが、アクセス数の伸びがイマイチな記事をリライトするのも重要な要素です。リライトとは、文章を書きなおすことを意味します。アクセス数が伸びていない記事を書き直すべき理由には以下のようなものがあります。

・類似コンテンツの多発

よほど特殊な内容でもない限り、ある検索キーワードに関係した類似記事はネット上にたくさんあります。扱われている情報が似通っていて特に他との差別化を図れるわけでもなければ、SEO的によろしくありません。そのような記事をそのまま掲載していたところでGoogleからの高評価は得られず、上位表示対象にはカウントされません。

ですから、リライトすることで既存の記事に新たなSEO要素を入れて、検索結果に変化があるかを確認するのは重要です。Googleがサイト評価に使うアルゴリズムは非常に複雑な上に、外部の人間には詳細が公表されていません。そのため、まずはリライトしてみて良い変化があるかどうかを観察し、SEO効果がある要素を新規ページに盛り込む取り組みが大切です。

・リライト作業で記事の質がよくなる

ネット上にある記事はプロのライターが書いているものもあれば、素人に毛が生えた程度のライターが執筆しているものもあります。両者を比べれば読みやすさや読み応え、面白さに大きな差があるのがすぐに分かります。

もしサイト訪問者が自社ホームページの記事コンテンツを見たときに、「この記事は分かりやすくてためになる」とか「自分が欲しい情報が書かれている」と感じることができれば、そのサイトをリピートして訪問する率が高まるでしょう。また、サイト訪問者の滞在時間が長くなればSEO効果も生まれます。

このようにホームページ制作後に行うべき対策は様々にあります。定期的なメンテナンスを施すことでホームページの質は改善され続け、結果的にアクセス数やコンバージョン率のアップにもつながります。

3 .まとめ

今回は、ホームページは制作だけでなく、運営も重要な要素であるという点を強調しました。どんどん複雑化するネット社会では常に、運営改善の余地がないか目を光らせる必要があります。とはいえ、自社にサイト制作や運営のプロがいない場合、適切なホームページ運営をするのは簡単ではないですよね。

そういう場合は、エクセレントのようなプロの業者に運営を依頼するのがおすすめです。プロの業者は上述したSEO的要素や顧客ニーズの把握、お得感の演出など、サイト運営に欠かせないノウハウを持っていて、より魅力的なサイトを作ることにたけています。

エクセレントは、1,200件以上のホームページサポート実績のある信頼できるコンサルタント会社で、多くのクライアントが10年以上という長い付き合いをしています。サイト制作から運営代行サービスまでワンストップサービスを提供しているので、集客アップや売上アップを目指したい会社はぜひ一度、相談してみることをおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。