ホームページ運営におけるブログを書くことの重要性

その1.ブログを書く目的はサイトを『認知』してもらうこと

たくさんの人にホームページを訪問してもらうためには、まずそのホームページの存在をたくさんの人に知ってもらう必要があります。
せっかく時間と費用を掛けて良いサイトを制作しても、認知されていなければアクセス数はアップしません。

アクセス数のアップのためには、「コンテンツ」を多く作成ことが必要ですが、その「コンテンツ」の中で最も簡単で、多く作成しやすいのが「ブログ」です。
ブログも、ただ数を多く投稿すれば良いというわけではありません。

ホームページのテーマに沿ったキーワードを複数の記事に書き綴ったブログを構築することで、多くの検索キーワードでの検索に拾われるようになり、訪問者数が増えアクセス数のアップに繋がります。

その2.ユーザーのニーズに合ったブログ制作する事で共感を得られる事

スモールキーワードを組み合わせたものを「複合キーワード」などと呼びますが、この複合キーワードがサイトのアクセス数のためになぜ重要なのかは、スモールキーワード対策をお読みください。

こちらの記事にも書かれていますが、スモールキーワードはビッグキーワードに比べて検索率は低いものの、検索された際に検索ユーザーのニーズにマッチし、ユーザーにとって良いコンテンツを重要視するGoogleの検索エンジンに好かれやすい為、検索上位を狙いやすくなります。

検索ユーザーのニーズに合った満足度の高いブログは、ナチュラル被リンクが増えることになります

ナチュラル被リンクとは、ブログの制作者の意図によるものではなく、訪れた検索ユーザーによって自然に貼られたリンクのことです。

訪れた検索ユーザーが「他の人にもぜひ知ってほしい!」と思えるような、良質で役立つブログを書くことが出来れば、そのナチュラル被リンクによって、より多くの人にブログを訪問してもらえることになり、ホームページを知ってもらうことに繋がります。

その3.複合キーワードを含んだブログページをたくさん投稿する事でSEO対策となる

ブログを書く理由

適切な複合キーワードを含んだブログページが増えることで、サイト内に検索されるキーワードの数も増えることになります。
これにより、検索結果に表示されるページ数が増えることになります。

検索結果に表示されるページ数が増えるということは・・・
ページ数が増えれば増えるほど、ホームページというくくりで見ると、アクセス数が大幅にアップするSEO対策になるということです。

また、検索ユーザーにとって有益で関心を惹くようなコンテンツが増えてくると、サイト内での回遊率もアップします。

ある記事を読んだ人が、関連する他の記事も見てくれる、さらにその関連の記事も読んでくれる、、そんな記事をどんどん作成することで、回遊率を上げることが出来ます。

回遊率がアップすると、Googleの検索エンジンから「良いサイト」と判断されやすく、検索上位になることが可能です!

結局はコツコツと書き続けることが、成功への第一歩です。

コンテンツを作るといっても、どこから始めればいいのか、どんなコンテンツを作成すればいいのか、、など難しく思いますが、それも書き続けてみないと、なかなか感覚が掴みにくいものです。

最近では、外注する事で効率化を図るという手段もあります。
エクセレントでも、その外注化は相談に応じていますのでお気軽にご連絡くださいませ。

関連記事

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。